読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

床に散らばる色と影

雑文です。

パソコンでもスマホでも使える郵便局のハガキ作成ソフト『はがきデザインキット』

年賀状作成のために「どんな年賀状ソフトがいいの?」と質問を受けたので、記事にしてみようかと思います。

 

パソコンをお持ちの方なら、有料のパソコンソフトを買うという選択肢が思いつくでしょうか。有名なハガキ作成ソフトとしては、『筆王』や『筆まめ』、『筆ぐるめ』あたりが有名かもしれません。だいたい買うと5000円くらいですかね。

 

この季節だと、年賀状ムック、いわゆる書籍を買うという選択肢もあります。CD-ROM付きで、多数の干支などのイラストや、年賀状作成ソフトが収録されていたりするので、毎年人気の商品でしょう。価格は、安いものだと500円くらい。

 

さらに、はがき作成ソフトを、インターネット上から無料ダウンロードするという選択肢もあります。例年、郵便局がリリースしている『はがきデザインキット』が、1番有名でしょうか。

 

yubin-nenga.jp

 

上記のリンクは『インストール版』です。つまり、ソフトをダウンロードして、パソコンにインストールして使うタイプ。

 

はがきデザインキットには、パソコンにインストールしなくても、インターネット上で操作できる『ウェブ版』も存在します。

 

yubin-nenga.jp

ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)にて利用できるので手軽です。また、作成したハガキは、そのままインターネット上で印刷注文(有償)できるので、プリンターすら必要ありません。

 

さらに、印刷したハガキは、無料でポストへの投函代行も依頼できるので、自分でハガキをポストに投函する手間さえ省けます。うーん、すごい時代ですね。

 

また、iPhoneやAndroid向けのアプリもあります。

 

yubin-nenga.jp

このアプリで作成したハガキは、『セブンイレブンで印刷』ボタンを押すと、8桁のプリント予約番号が発行される仕組み。

 

この予約番号を、セブンイレブンのコピー機に入力し、印刷代金を支払うと、はがき印刷が可能です。

 

一般的に、コンビニに置いてあるプリンターは、家庭用のプリンターよりも高性能なので、高品質な印刷ができるかと思います。

 

枚数が少ないのであれば、文字やイラストがプリントされたハガキを買ってきて、宛名だけ手書きで投函するというアナログな方法が、1番手軽で確実でしょうけど…。

 

ちなみに、上記で紹介したネット印刷は、1枚からでも注文可能です。