床に散らばる色と影

雑文です。

北部九州の鯖(サバ)が生食できる理由

以下の記事を読みまして…。

 

www.makimikan.net

千葉県産のサバだと、やはり危険かな…と思いました。

 

私は、サバを生食することの多い福岡に住んでいて、さばの刺身は大好物です。しかしながら、生で食べるのは長崎県産がほとんど。太平洋側のサバは、生食しません。

 

以下に参考となるソースを…。

 

アニサキス症とサバのアニサキス寄生状況

 

東京都健康安全センターのページです。上記のページから、いくつか引用しながら説明します。

 

まず、怖い寄生虫であるアニサキスの話から。

 

アニサキスはその形態の違いから、10種類以上に分類されています。ヒトから検出されるアニサキスは、アニサキスⅠ型(Anisakis simplex)、アニサキスⅡ型(Anisakis physeteris)、シュードテラノバ(Psudoterranova decipiens)の3種の幼虫がよく知られています

 

さらに…。

 

ところが近年の研究により、アニサキス症の原因として最も多いアニサキスⅠ型幼虫(Anisakis simplex)がさらにアニサキス・ピグレフィー(Anisakis pegreffii)、アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト(Anisakis simplex sensu stricto)およびアニサキス・シンプレックスC(Anisakis simplex C)の3種にさらに分類されることが判りました。これら3種類のアニサキスの形態は非常に酷似しているため、形態的には分類できませんが、遺伝子レベルの相違により分類することが可能になりました。

 

アニサキス症の原因となることの多い『アニサキスⅠ型幼虫』は、近年、遺伝子研究が進み、さらに分類できるようになったとのこと。

 

国内のアニサキス感染者100名より摘出した虫体の99%がアニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトであったという調査結果が報告

 

日本国内でアニサキス症が劇症化しやすいのは、『アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト』がほとんどのようです。

 

この『アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト』は、日本の場合、太平洋側に生息していることがわかっています。

 

日本近海のマサバは,主に九州から三陸沖に分布する太平洋系群,東シナ海から日本海沿岸に分布する対馬暖流系群の2系群に分かれることが知られています。遺伝子レベルでのアニサキスⅠ型幼虫の解析により、長崎県から石川県の日本海産のマサバに寄生するアニサキスの80%以上がアニサキス・ピグレフィーで、高知県から青森県までの太平洋側で水揚げされるマサバでは、80%以上がアニサキス・シンプレックス・センス・ストリクトの寄生でした。

 

これが、私が太平洋側で水揚げされた鯖を生で食べない理由です。

 

アニサキスに限りませんが、内臓に寄生する寄生虫が、なぜ筋肉部に移行するかと言いますと、宿主の死を感知した寄生虫が、その場から脱出を試みるから。

 

やはり、生魚は新鮮さが大事ですし、内臓に近い部位は、念のため、生食は避けた方が無難です。(アニサキスは熱に弱いので、加熱が1番なんですが…。)

 

以下に、参考ページから数値を抜粋した表を…。

 

産地

検査数

総寄生数

筋肉部寄生数

筋肉部への移行率

種類

長崎県

30

2721

1

0.036%

アニサキス・ピグレフィー

福岡県

13

1206

2

0.16%

アニサキス・ピグレフィー

千葉県

39

243

35

14.4%

アニサキス・シンプレックス・センス・ストリクト

 

 もともと、福岡や長崎沿岸に多い『アニサキス・ピグレフィー』は、内臓から筋肉に移行する率が極端に低い種です。

 

北部九州の人間は、「生サバは内臓さえ食べなければ大丈夫。」と思っている人が多いのですが、実際に、寄生先は内臓に集中しています。(総寄生数だけ見ると、群を抜いて他地域よりも数は多いですけども…。)

 

さらに、鯖の場合、アニサキスに次いで怖いのは、『ヒスタミン中毒』です。

 

以下に資料となるページを…。

 

http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol13/13-2.html

 

大阪府立公衆衛生研究所のページ。

 

川柳に「はづかしさ医者にかつおの値が知れる」 というのがありますが、これはカツオを食べてヒスタミン食中毒になったことを詠んだものです。皆さんの中にもしめさばやカツオのたたきを食べて、ヒスタミン食中毒になった方がおられるのではないでしょうか。
 ヒスタミン食中毒は、衛生状態も悪かった1950年初頭までは主要な食中毒の一つでした。現在では低温流通 が普及し大規模な事件は減少しましたが、小さな食中毒は依然発生しています。
 ところで、「サバに当たる」という言葉が普段使われるように、魚自身に問題があるように思われていますが、実は細菌が原因で起こる食中毒なのです。しかし、この事を知っている人はごく少数のようです。

 

サバやカツオが美味しいのは、ヒスチジンというアミノ酸、うま味成分があるからです。

 

しかしながら、このヒスチジンは、時間の経過と共に、食中毒の原因となるヒスタミンに変わります。

 

魚を室温で放置していると、ヒスチジンをヒスタミンに変える酵素を持っている細菌(ヒスタミン生成菌)が増殖し、それに伴いヒスタミンも増えるのです。また、魚の腐敗の指標となるアンモニアなどの生成量 がまだ少ないにもかかわらず、ヒスタミンは大量に産生されることがあり、気づかずに食べてしまうと食中毒になるのです。現在ヒスタミン食中毒を引き起こすとされている菌は、もともと人や動物の腸内にいる菌であるため、細菌の汚染は魚が水揚げされてから以降に起こります。

 

ヒスタミンがやっかいなのは、見た目や匂いでは、ヒスタミンの増殖を知ることはできません。さらに、ヒスタミンは、加熱しても、ほとんど壊れませんから危険です。

 

ヒスタミンは102℃で3時間加熱しても一部しか壊れないため、「少しぐらい傷んでいても加熱すれば大丈夫だろう」と考えるのは大きな間違いです。

 

保存状態が悪いと、ヒスタミンは発生しやすくなりますので、スーパーなどで生サバを買った場合は、氷などでよく冷やして持ち帰る必要があります。

 

よくスーパーで、氷を詰めた袋を下に敷く人を見かけますが、冷気は重く、下に流れる性質がありますので、詰め方によっては、氷袋は上部にしたほうが、袋全体の温度を下げることができるかと…。

 

また、もったいないですけど、古くなったサバは、捨てる勇気も必要でしょうかね。

 

まとめ

  • 生サバは産地が重要
  • 生サバは信頼できるお店で食べる
  • 生サバは信頼できる業者から購入する
  • 内臓や内臓に近い部位は生で食べない
  • 温度管理に要注意
  • 大量摂取しない
  • 古くなると加熱しても危ない

「名もなき花」という表現への違和感

個人的に、歌詞や詩で使われることの多い「名もなき花」というフレーズが好きではありません。

 

前後の文脈によっては、違和感を覚えないケースもありますけども…。たとえば、植物学者が「名もなき花」を探し求める…といった内容の文章であれば、まったく違和感がありません。

 

私のような凡人が見かける花など、すでに先人たちが発見し・研究されている花であることは明白です。けっして「名もない花」ではありません。私が「名前を知らない花」なのです。

 

たとえば、会社の集まりなどで重役から『おーい!そこの「名もない社員」よ。』と呼びかけられたなら、みなさまはどう感じるでしょうか?

 

『あなたが「名前を知らない」だけでしょ。』と思い、相手の傲慢さや無礼さを感じる方も少なくないでしょう。

 

また、桜やバラの花を前にして、『「名もなき花」たちよ…。」とつぶやく人間を見かけたのなら、『この人、大丈夫かな?』と心配したり、喜劇に感じて笑う方もいるかもしれません。

 

感性や敬意の問題なのでしょうが、個人的には、もし「名もなき花」や、それに類する表現を使う場合は、慎重さを持って使いたいと思っています。

 

まぁ、私がブログに書く文章には、詩的な面など少しもありませんけども…。

三冠王に必要なのは『長打力があり三振しない』能力

野球において、1シーズンに1人の選手が、首位打者・本塁打王・打点王の3つのタイトルを獲得することを『三冠王』と呼びます。長い日本のプロ野球の歴史でも、この三冠王の達成者は、わずか7名しかいません。

 

個人的な意見として、長打力があり、三振が少ないというタイプが、最も三冠王になりやすい選手だと思っています。長打力と三振は、かなり相関性が高く、長打力のある選手は、三振数も多い傾向があり、三振数の少ない選手は、長打力が不足しているケースが多いです。

 

長打力もありながら、三振が少ない選手というのは非常に珍しく、これが三冠王の達成者が少ない原因だとも思っています。

 

過去に三冠王となった選手の成績を見てみましょう。

 

中島治康

年度 打率 本塁打 打点 三振
1938 .361 10 38 6

 

日本のプロ野球史上初の三冠王。この時代は、三冠王という概念はなかったようですが…。

 

野村克也

年度 打率 本塁打 打点 三振
1965 .320 42 110 57

 

 捕手にして三冠王獲得という偉業。ノムさんは、この三冠王獲得の前シーズンから劇的に三振数が減っています。1962年は101三振、1963年は112三振でしたが、1964年は50三振という具合に。

 

王貞治

年度 打率 本塁打 打点 三振
1973 .355 51 114 41
1974 .332 49 107 44

 

 ご存知、世界の王さんです。王さんは、長打力があり三振しないタイプの最高峰で、三振数よりも本塁打数が多いシーズンが複数あり、三冠王に輝いた年も、その例外ではありません。

 

落合博満

年度 打率 本塁打 打点 三振
1982 .325 32 99 58
1985 .367 52 146 40
1986 .360 50 116 59

 

三冠王3回という偉業!落合さんも長打力があり、三振しない選手の代表でしょう。87三振(1990年・1995年)が、シーズン最多の三振数という少なさ。

 

ブーマー・ウェルズ

年度 打率 本塁打 打点 三振
1984 .355 37 130 33

 

ブーマー選手も、非常に三振が少ない選手でした。NPB(日本プロ野球)在籍10年間で、シーズン最多の三振数は43(1987年)です。

 

助っ人外国人の大砲と言えば、扇風機と揶揄されるくらい、ホームランも多いが三振も多いというイメージですが、ブーマー選手は例外。同じリーグに、落合さんがいなければ、もっと多く三冠王になれたかもしれません。

 

ランディ・バース

年度 打率 本塁打 打点 三振
1985 .350 54 134 61
1986 .389 47 109 70

 

 阪神タイガース史上、最強の助っ人と名高いバース選手です。NPB在籍6年間で、最多の三振数は70(1986年・1987年)。

 

松中信彦

年度 打率 本塁打 打点 三振
2004 .358 44 120 67

 

平成唯一の三冠王こと松中選手です。シーズン最多の三振数は91(2008年)。2度目の首位打者となった2006年は、わずか37三振と驚異的な数字です。

 

ちなみに、2006年は102四球で37三振なので、BB/K(四球数÷三振数)という指標では、2.76という異常な数値をたたき出しています。

 

 

過去の三冠王の達成者で最多の三振数は、ランディ・バース選手の70三振(1986年)です。

 

長いプロ野球の歴史をみても、長打力が高く三振が少ないタイプは稀有な存在でしょう。次に三冠王が登場するのは、いつになるのか興味深いです。

あなたが広告主だとして、あなたのブログに出稿したいと考えますか?

もうすぐ2016年も終わりですが、個人的にGoogle AdSense(グーグルアドセンス)を利用し始めてから、今年で12年目、来年は13年目に突入します。

 

最近は、Google AdSenseを利用し始める方が増えているようで、申請・承認の審査が厳しくなったりしているようです。

 

私は、いくつかサイトやブログを運営していますが、すべてのサイト・ブログに、Google AdSenseを使っているわけではありません。(Google AdSenseに限った話ではありませんが、)広告を使用する・使用しないの基準は明確です。

 

自分が広告主だとして、自分のサイトやブログに、広告を出稿したいと思えるか?

 

…という問いに、自信をもって『出稿したい』と回答できるかどうか…です。

 

ブログなんだから、自分の好きに書けばよい…という意見も賛同できます。しかし、もし自分が広告主であれば、アクセス数の報告や、ブログ収益の報告、仲間内しか盛り上がらないような記事に、広告を出したいと思うでしょうか。

 

人の集まる場所なら、どこでもよいと考える広告主もいるかもしれません。しかしながら、広告主の多くは、広告の成果が期待できるような、優良な内容のサイト・ブログに広告を出したいと考えるのではないでしょうか。

 

バイクメーカーなら、料理雑誌よりも、バイクの専門誌に広告を掲載依頼するように、専門性の高い媒体や、その分野に興味を持つ人々が集まる媒体に、広告を出稿したいと思うはずです。

 

間違っても個人の日記に出稿することはないでしょう。バイク好きで有名な芸能人のエッセイなどであれば、話は別でしょうけども…。

 

(専門性の高いサイトにGoogle AdSenseを利用することは、『スマートプライシング』対策にもなるのですが、この話はまたいつか…。)

 

Google AdSenseを使っているけど、あまり効果がないと考える方、Google AdSenseの申請に通過されない方などは、客観的な目で、自身のサイトやブログを見てみることも大事かもしれません。

 

自分が広告主だとして、自分のサイトやブログに、広告を出稿したいと思えますか?

はがき62円に値上げ 端数を残す理由は?

62円という金額が半端に感じる方が多いようで…。

 

『なぜ端数を残すのか』

『区切りが悪いので70円でよい』

『2円が邪魔』

 

…という旨のコメントもあるようです。

 

個人的には、既存の資産を活かすと、端数が残るのかな…と推測します。

 

現行のハガキの価格は52円です。おそらく、発行枚数も膨大で、広く世間に流通しているでしょう。

 

額面が20円以下の普通切手は、『20円切手』『10円切手』『5円切手』『3円切手』『2円切手』『1円切手』の6種類が、現在存在します。

 

今回、はがきが62円になるので、既存の52円ハガキを持っている方ならば、10円切手を貼れば、無事に投函できるでしょう。

 

仮に、はがきが1枚70円とすると、52円ハガキには、『10円切手』『5円切手』『3円切手』の3種類を貼らないといけません。この切手の組み合わせが最小枚数で、最大は『1円切手』を18枚貼るパターン。貼る切手の枚数が多いと、はがきのスペースが足りなくなるでしょうね。

 

『18円切手』を新たに発行すれば、こういった問題は解決できるでしょうが、『18円切手』を発行する手間やコスト、利用の将来性などを考えると、なかなか難しいと思います。

 

70円はがきが浸透すると、『18円切手』は死蔵化されるでしょうから。

 

利用されない切手を発行するのは、利用されない貨幣を発行するに等しいです。発行すれば発行するほど、赤字になるでしょう。

 

極端に言えば、『10円玉』と『50円玉』の間に、『18円玉』という硬貨を発行する場合を想像すると、よりわかりやすいかもしれません。

 

52円はがき + 3円切手 = 55円はがき

55円はがき + 5円切手 = 60円はがき

 

…といった感じで、3円の値上げと、5円の値上げの2段階で、ソフトランディングしたほうが、一般的に理解を得られやすい値上げになったような気がしますが、内情は、一気に10円値上げしないといけない状況だったのかもしれませんね。

 

パソコンでもスマホでも使える郵便局のハガキ作成ソフト『はがきデザインキット』

年賀状作成のために「どんな年賀状ソフトがいいの?」と質問を受けたので、記事にしてみようかと思います。

 

パソコンをお持ちの方なら、有料のパソコンソフトを買うという選択肢が思いつくでしょうか。有名なハガキ作成ソフトとしては、『筆王』や『筆まめ』、『筆ぐるめ』あたりが有名かもしれません。だいたい買うと5000円くらいですかね。

 

この季節だと、年賀状ムック、いわゆる書籍を買うという選択肢もあります。CD-ROM付きで、多数の干支などのイラストや、年賀状作成ソフトが収録されていたりするので、毎年人気の商品でしょう。価格は、安いものだと500円くらい。

 

さらに、はがき作成ソフトを、インターネット上から無料ダウンロードするという選択肢もあります。例年、郵便局がリリースしている『はがきデザインキット』が、1番有名でしょうか。

 

yubin-nenga.jp

 

上記のリンクは『インストール版』です。つまり、ソフトをダウンロードして、パソコンにインストールして使うタイプ。

 

はがきデザインキットには、パソコンにインストールしなくても、インターネット上で操作できる『ウェブ版』も存在します。

 

yubin-nenga.jp

ブラウザ(インターネット閲覧ソフト)にて利用できるので手軽です。また、作成したハガキは、そのままインターネット上で印刷注文(有償)できるので、プリンターすら必要ありません。

 

さらに、印刷したハガキは、無料でポストへの投函代行も依頼できるので、自分でハガキをポストに投函する手間さえ省けます。うーん、すごい時代ですね。

 

また、iPhoneやAndroid向けのアプリもあります。

 

yubin-nenga.jp

このアプリで作成したハガキは、『セブンイレブンで印刷』ボタンを押すと、8桁のプリント予約番号が発行される仕組み。

 

この予約番号を、セブンイレブンのコピー機に入力し、印刷代金を支払うと、はがき印刷が可能です。

 

一般的に、コンビニに置いてあるプリンターは、家庭用のプリンターよりも高性能なので、高品質な印刷ができるかと思います。

 

枚数が少ないのであれば、文字やイラストがプリントされたハガキを買ってきて、宛名だけ手書きで投函するというアナログな方法が、1番手軽で確実でしょうけど…。

 

ちなみに、上記で紹介したネット印刷は、1枚からでも注文可能です。

『Amazonで90%OFFの商品を発見する方法』の軌跡

私の観測範囲内でいくつか…。

 

はてなブックマークを使っていますと、定期的に出現する話題があります。いわゆる『ループネタ』。

 

今回は、とても人気の話題である『Amazonで90%オフ以上の商品を検索する方法』を紹介している記事の軌跡を辿りたいと思います。

 

なお、以下に記載するブックマーク数は、記事執筆時点のものです。

 

目次

 

2007年

b.hatena.ne.jp

私がはじめてみた『アマゾンで90%オフ~』の話題でしょうか。2007年からブックマーク数は伸び続け、そのブックマーク数は、驚きの2065!(惜しむらくは、URLの末尾の違いで、分割されてブックマークされているところでしょうか。)

 

2007年時の『はてなブックマーク』の規模からいえば、驚異的なブックマーク数でした。(当時、1000を超えるブックマーク数は、たいへん珍しかった記憶があります。)

 

2009年

b.hatena.ne.jp

2年後の2009年も話題沸騰です。ブックマーク数は、2266

 

2012年

b.hatena.ne.jp

その3年後の2012年も人気の記事に。ブックマーク数は、1184

 

Amazonのこの話題は、1000ブックマーク以上を集める鉄板ネタであると証明されたかのようです。

 

2013年

b.hatena.ne.jp

だんだんと登場間隔が短くなってきました。ただし、ブックマーク数のかげりも見えてきて、166ブックマークと、以前のエントリーに比較すると少なめ。

 

2014年

11月

はてなブックマーク - 日米Amazonで10~90%OFF商品をサクッと検索する方法 : 裏技フリーソフトの秘密基地 裏技紹介

 

このブックマークは埋め込みできませんでしたので、テキストリンクで…。

 

コメントなしのブックマークのみで、24ブックマークです。2014年は、10ブックマーク以上を集めた記事が他にもあります。

 

12月

b.hatena.ne.jp

こちらのブックマーク数は13

 

2015年

b.hatena.ne.jp

ブックマーク数は25です。

 

『アマゾンで9割引き以上~』のバブルも、完全に終了した感じでしょうか。

 

2016年

7月

b.hatena.ne.jp

しかし、歴史は繰り返す…。バブルの再燃か?再び話題になり、ブックマーク数を伸ばし続け、1000に迫る勢いの961ブックマーク!

 

12月

b.hatena.ne.jp

記事執筆時点では、最も新しいエントリーです。こちらは、どれだけブックマーク数が伸びるでしょうか…。

 

漏れている記事もあるかと思いますが、私の観測範囲内では以上です。

 

もう今年(2016年)は、これ以上『Amazonで~』の記事は出ないかと思いますが、きっと来年以降も登場する話題なのかもしれません。

 

Amazonプライムデーの時期や、クリスマスなどの年末商戦期に…おそらく…。